塗装の役割

お住まいを雨から守っているのは実は、とっても薄い塗装の膜なんです。

建物は雨、紫外線、排気ガスなど様々なものからお住まいを守っています。

建物は水分にとっても弱いのをご存知ですか? 建物に水分が侵入すると、耐久性が低下したり、カビなどが発生し健康被害を引き起こします。 塗装はとっても薄い膜で、24時間365日休むことなく、建物を水分の侵入や紫外線などから守ってくれているのです。 塗装の膜が痛むと建物全体に痛みが広がってしまいます。

こんな症状にきづいたらそろそろ塗装を検討してください。

シーリングの劣化

シーリングの劣化

サイディングの目地がひび割れを起こしていたり、隙間ができてしまっている場合はすでに目地の寿命です。特に陽がよく当たる南側は他の部分よりも劣化が早まる傾向があります。


チョーキング現象

チョーキング現象

外壁を手で触ると白い粉がついたら、塗料が水を弾きにくくなってきている証拠です。


ヒビ割れ

ヒビ割れ

外壁のヒビ(クラック)は見ただけで簡単に見つけることができます。補修するためには塗装をする前にヒビを埋める処理を行う必要があります。雨水などが浸入し易くなり建物の躯体を痛める原因となります。


塗膜の剥がれ

塗膜の剥がれ

屋根の表面は普段はなかなかじっくり見る機会はありません。遠目から見て汚れが目立つ場合やコケなどが見つかった場合は塗料の防水性能が落ちてきている可能性があります。