塗料の種類

樹脂の違いによる塗料の特徴

一口に塗料と言っても、実に様々なものが存在します。
ここでは外壁塗装に使用される塗料を樹脂の違うフッ素、シリコン、ウレタン、アクリルの4種類についてそれらの特徴を主な用途や耐候性やコストなどの面から比較します。塗料の特徴を把握すればお客様に最適な塗料がきっと見つかります。

フッ素系樹脂

耐久性、耐汚染性、防汚性などで他の塗料と比較して圧倒的に優れています。
できる限り修繕間隔を長くし、ライフサイクルコストを削減したい場合などに最適です。
親水性機能を持たせたものであれば、汚れを寄せ付けにく、雨で汚れを洗い流すことができ美しい美観を長期に渡り保ち続けます。

シリコン系樹脂

コストパフォーマンスの面で非常に人気の高い塗料です。
耐候年数でフッ素系に劣るものの、コストと耐候年数のバランスを考えた場合、塗り替える際はこのグレード以上のものが推奨されます。

ウレタン系樹脂

フッ素、シリコン系の塗料と比較して安価です。外壁や屋根にも使用されますが、柔軟性に優れている性質から雨樋や、雨戸といった付帯部分にも使用されることも多い塗料です。

アクリル系樹脂

安価で比較的取り扱いが容易なためDIY等でも人気です。耐候年数で他の塗料に劣ってしまうので長期的なメンテナンスには不向きですので短期間での塗替えが必要となります。

耐候性による比較

アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素の順に耐候性は高くなる傾向があります。
目的と塗装する場所を考えて選択することが大切です。特に屋根は外壁と比較すると気候条件が過酷なため、できる限り耐候性の高い塗料を選択することをおすすめします。

  • フッ素系樹脂
  • シリコン系樹脂
  • ウレタン系樹脂
  • アクリル系樹脂